奈良・学園前・富雄の整形外科ならまつむら整形外科クリニックへ。首、腰、膝等の疾患、関節リウマチ、労災・交通事故による怪我、疼痛・痺れ・麻痺、スポーツ障害、骨粗鬆症、痛みの治療(超音波ガイド下神経ブロック)等に対応いたします。

関節リウマチ

関節リウマチは関節が破壊される病気です

関節リウマチは免疫異常が原因で関節に腫れや痛みがあらわれ、それらが長期に継続することで関節が変形してしまう病気です。30歳~50歳の間に発症することが多く、若年層でも発症することがあります。
男性に比べ、女性が3倍〜4倍多く発症すると言われており、上肢、下肢の腫、変形、関節痛、腫れ、動かしにくい、熱い感じがするなどの症状があります。

関節リウマチの治療について

  • 超音波(エコー)検査による病態評価とガイドラインに準じた治療を行います。
  • 関節リウマチは早期から適切な薬を服用することで、痛みや炎症、関節破壊がなく、発病前と同じ日常生活を営める状態を目指せる病気です。
  • 罹病期間が長期に渡る方でも、適切な治療で症状を改善することができます。
  • 当クリニックは超音波(エコー)検査による病態評価とガイドラインに準じた治療を行います。
PAGETOP
Copyright © 2022 まつむら整形外科クリニック All Rights Reserved.