奈良・学園前・富雄の整形外科ならまつむら整形外科クリニックへ。首、腰、膝等の疾患、関節リウマチ、労災・交通事故による怪我、疼痛・痺れ・麻痺、スポーツ障害、骨粗鬆症、痛みの治療(超音波ガイド下神経ブロック)等に対応いたします。

リハビリテーション

機器による物理療法だけではなく”人の手”によるリハビリにも力をいれています

当院では、医師の指示のもとリハビリテーションを行います。患者様が抱えている痛み、筋力の低下、関節の可動域制限、姿勢や歩行動作などに対して、「運動療法」や「物理療法」を提供し、可能な限り自立した日常生活が送れるように支援していきます。

運動療法では理学療法士による運動器能の向上に取り組みます。
個々の患者様に合ったリハビリ計画を立案し自主トレーニングの指導します。

必要に応じて超音波診断装置を用い、リハビリ担当者が痛みの原因を視覚的に確認して、運動療法を行うことがリハビリ治療にも非常に有用と考えております。

こんな症状がありますか?
(運動器リハビリテーションの対象となる症状は?)

  • 肩が痛い・腕が上がらない(五十肩)、腰が痛い(腰痛)、歩くと膝が痛む・体を動かすと痛みがはしる(関節痛)、腱鞘炎などの痛みがある方
  • 転倒などの怪我や病気がきっかけで体が動かない、歩行能力や運動能力が低下してしまった方
  • 野球、テニス、ラクビー、バレーボール、ランニング、スポーツによる障害(肩、肘、膝、足などの痛み)がある方
  • 骨折、捻挫、脱臼後のリハビリテーションを希望される方
  • 他院にて手術を受けられ、退院後のリハビリテーションを希望される方
  • 交通事故による外傷に対するリハビリテーションを希望される方

障害や疾患の治療や予防のために
運動をするリハビリです

リハビリテーションは、骨、関節、筋肉、靭帯、神経など、身体を支え、動かしたりする組織・器官である『運動器』に障害を持つ方に対して、生活に支障が生じた状態を医学的に改善しようとする取り組みです。病気や障害、加齢等による機能障害を扱い、ストレッチや筋力強化などの運動療法、物理療法や日常生活指導など、それらを組み合わせ、身体機能の回復・改善を図ります。これにより、日常生活や社会生活への早期復帰が期待できます。当院では、高齢者の運動器の疼痛(ロコモティブシンドローム)に対する運動器リハビリテーションや、アスリートに対するスポーツリハビリテーションも行います。

運動療法とは?

日常生活で必要となる立ちあがる、座る、歩くなどの基本動作や階段の上り下りなどの移動動作の改善させることを目的とします。
怪我や障害により一時的に低下した筋力や関節の動き、協調性、巧緻性の改善のために、ストレッチングや個々の筋力強化、バランス機能訓練などの運動を行います。もちろん、個人の症状に応じたメニューを作成して提供するとともに、自宅でもできるホームエクササイズも指導させて頂きます。

スポーツリハビリについて

痛みがある部位の治療だけでなく、スポーツの特性を考慮し、必要となる身体機能や動作の改善を図ります。
スポーツ障害の多くは、スポーツ動作を繰り返す中で、身体の一部分に負担が集中してしまうことで発症することが多いです。

成長に伴う身体の変化、全身のバランス、スポーツ動作という動きの中から痛みの原因を追求し適切なリハビリを提供します。

野球肘

『ボールを投げる時に痛みを感じ、しばらく投げずに休むと痛みがなくなり、またプレーすることができたが、休んでも痛みがとれなくなってきた。』という理由で受診されリハビリをさせて頂くことをよく経験します。

肘の痛みに対する治療

どのようにして痛みが出てきたかを「問診」/ 肩・肘のコンディショニングを「評価」して

  • 肩・肘の可動性の改善
  • 肩・肘・肩甲骨周囲の筋力の改善
  • 患部へのアイシングや超音波療法 など治療を進める。

これだけでは、再発するリスクが高いので、

  • 体幹や下半身の柔軟性や筋力の改善
  • バランス能力の向上
  • 投球動作のチェックポイントの確認

などを治療を進め負担のかからない投球フォームの獲得を目指します。

野球以外のスポーツでも、良いパフォーマンスを維持していくためには、「コンディショニングの維持・改善」、「合理的なフォームの獲得」が重要になります。当院では、そのサポートをさせて頂きます。

物理療法は機器を使用したリハビリです

物理療法は、温熱、寒冷、電気刺激や光線、超音波など、物理的刺激を利用して治療を行います。
痛みの緩和、むくみや循環改善、リラクゼーションにより、疼痛や機能の改善を図っていきます。

能動型自動間欠牽引装置、マイクロ波治療器、ウォーターマッサージ器、低周波治療器などの機器で使用いたします。

超音波診断装置について

必要に応じて超音波診断装置を用い、リハビリ担当者が関節や患部の周囲組織などの動きや炎症の程度、痛みがある部位を確認します。
視覚的に確認して運動療法を行うことができ、治療前後の状態を確認できるため、リハビリにも積極的に活用して参ります。

リハビリテーション室・設備

リハヒ゛リテーション室
リハヒ゛リテーション室
リハヒ゛リテーション室
ウォーターマッサージベッド
ウォーターマッサージベッド
乾式ホットパック装置
乾式ホットパック装置
超音波治療器
超音波治療器
低周波治療器
低周波治療器
低周波治療器
低周波治療器
超音波骨折治療器
超音波骨折治療器
能動型自動間欠牽引装置
能動型自動間欠牽引装置
能動型自動間欠牽引装置
能動型自動間欠牽引装置
PAGETOP
Copyright © 2022 まつむら整形外科クリニック All Rights Reserved.