奈良・学園前・富雄の整形外科ならまつむら整形外科クリニックへ。首、腰、膝等の疾患、関節リウマチ、労災・交通事故による怪我、疼痛・痺れ・麻痺、スポーツ障害、骨粗鬆症、痛みの治療(超音波ガイド下神経ブロック)等に対応いたします。

慢性疼痛に対する
ペインクリニックでの
投薬・ブロック注射・漢方

痛みに対する投薬やブロック注射を用いた治療

当院のペインクリニック内科では、体の痛みやしびれなどによって、思い通りの日常生活が過ごせずに困っておられる患者様に対し、投薬やブロック注射を用いた治療を行います。患者様一人一人が抱え持つ症状や生活背景に合わせて、治療目標を患者様と一緒に設定し、生活動作指導も交えながら、患者様が主体的に治療に携わることを大切にします。

下記のような症状の改善を目的とします

  • 片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛
  • 三叉神経痛
  • 歯科治療後神経痛
  • 後頭神経痛
  • 帯状疱疹後神経痛
  • 肩こり
  • 肩関節周囲炎
  • 頚肩腕症候群
  • 肋間神経痛
  • 頚椎・胸椎・腰椎椎間関節症
  • 慢性腰痛
  • 仙腸関節痛
  • 坐骨神経痛
  • 脊椎手術後症候群
  • 梨状筋症候群
  • 筋・筋膜性疼痛
  • 糖尿病性神経痛
  • など

投薬について

標準的な治療薬に加え、漢方薬も活用します。

ブロック注射
(神経ブロック)について

神経の伝達機能を局所麻酔薬を用いて一時的に遮断することで、痛みを和らげる治療です。
強い痛みがある場合、また長く続いている場合には、今ある痛みが新しい痛みを生みだす“痛みの悪循環”が作られていると考えられています。ブロック注射は、痛みで過敏になっている神経を休め、血行を改善させることで、この“痛みの悪循環”を断ち切り、痛みを改善させることができます。

痛みの部位や原因によって、下記の注射を使い分けます。

  • トリガーポイント注射
  • 筋膜リリース
  • 硬膜外ブロック
  • 三叉神経ブロック
  • 後頭神経ブロック
  • 頚神経叢ブロック
  • 腕神経叢ブロック
  • 肩峰下滑液包注射
  • 椎間関節ブロック
  • 大腿神経ブロック
  • 坐骨神経ブロック
  • 梨状筋ブロック
  • 仙腸関節ブロック
PAGETOP
Copyright © 2022 まつむら整形外科クリニック All Rights Reserved.